プレスリリース

Remote.It はゼロトラストを1行のコードで解決しました

2024年2月3日

Remote.It はゼロトラストを1行のコードで解決しました

DevOpsとITチームは、クラウド、オンプレミス、IoTの各ネットワークにまたがるサービスへの安全なアクセスをプログラムによって展開し、同時に外部からの攻撃表面をシミュレートして排除できるようになりました。

カリフォルニア州パロアルト、2023年1月17日 /PRNewswire/ --Remote.it は本日、SaaSベースのネットワーク管理サービスの最新アップデートとして、Dockerコンテナの直接サポート、Zero Trust Networksのプログラムによる展開、Okta認証のネイティブサポートについて発表しました。

1行のコードで導入可能なRemote.Itは、ゼロ・トラスト・ネットワーク・アクセスを既存のインフラに簡単に導入する手段を提供します。Remote.Itのゼロトラスト・ネットワークアクセス・ソリューションは完全に商用化されており、既存の顧客には以下の企業が含まれます:Trimble、三菱重工業、Span、Aware、ScanIt、その他何百もの企業やビジネスユーザーを含みます。Remote.It対応エンドポイントは、世界194カ国で導入されています。

Remote.Itは、コンテナネットワーク、ゲートウェイ、ファイアウォール、セキュリティグループ、IAMロール、IP許可リストなどを設定することなく、企業が環境内のあらゆるサービスにリモートアクセスできるようにし、ネットワーク設定とセキュリティリスクを排除します。また、オンプレミス、IoT、クラウドにかかわらず、ユーザーとサービスを1つの管理ツールで管理することができます。

"ネットワーキングは、コンピューティングの進歩についていけませんでした。コンテナを使えば、何千ものコンピューターリソースを数分でプログラム的に配置することができますが、セキュリティ、ネットワークアクセス、プロビジョニングは依然として手動で設定、管理、保守しなければならず、完全に同期が取れていない状態です。Remote.Itの共同設立者兼CEOであるRyo KOYAMAは、「Remote.Itの最新リリースでは、ユーザーはたった一行のコードで、認証済みユーザーへのゼロ・トラストアクセスとコンピュートリソースを同時にプログラム的に導入することができます」と述べています。

プレスリリースの全文へリンク

関連ブログ