プレスリリース

Raspberry Piをセキュアなリモートワークアプライアンスとして利用する

2022年7月6日

remote.itPiは、高価で複雑なVPNやネットワークハードウェアを使用せずに、リモートワーク機能を追加することができます。

米国カリフォルニア州パロアルト、2020年5月5日 - セキュアな接続とリモートアクセスを提供するremote.itは、シングルボードコンピュータをフル機能のリモートワークアプライアンスに変換するRaspberry Piデバイス用のフリーイメージをリリースしたことを発表しました。企業は、remote.itを搭載したRaspberry Piを使用することで、高価で複雑なVPNやネットワークハードウェアを必要とせずに、ネットワーク資産へのアクセスを従業員に提供することができます。remote.itPiの利用は個人利用では無料ですが、COVID-19危機によるリモートワークソリューションの需要増加を受け、2020年9月1日まで新規ユーザー向けにビジネスレベルの機能を無料で提供する予定です。

従来、VPNは、リモートワークのためにオフィス内の資産へのアクセスをワーカーに提供しようとする企業が選択するツールでした。VPN市場は、2018年の180億ドルから2024年には540億ドルに成長すると予測されます。最近、VPNに対する攻撃や脆弱性が増加しています。ClearSkyは、CVEを悪用する国家によるハッキンググループを特定し、企業のITおよびネットワーク管理者はVPNの代替手段を模索しています。remote.itは、ハッカーが悪用するVPN上のオープン通信ポートを排除し、安全なポートフォワードレス機能を作成するソフトウェアのみのソリューション、VPI(仮想プライベートインターネット)によって、VPNの脆弱性への対応に踏み切ります。

remote.itPiは、世界で最も普及しているシングルボードコンピュータであるRaspberry Piをリモートワークアプライアンスに変身させるソフトウェアイメージです。remote.itPiをインストールすると、Raspberry Piを使ってWindowsやMacのデスクトップPC、ネットワーク接続ストレージ、ファイルサーバーなどのオフィス内のネットワーク資産にリモートアクセスしたり、それらのリモート資産を集約することができるようになります。また、remote.itPiにはOOBM(アウトオブバンド管理)モードがあり、メインインターネット接続がダウンした際にプライベートネットワークや主要ネットワークを管理するのに最適のツールになります。

「グローバルIPアドレスやオープンポートに依存するレガシーVPNなどのソリューションは、ユーザーをネットワークへの主要な攻撃対象としてさらしています。避難所でのリモートワークの提供が急がれていることも、この問題をさらに大きくしています」と、remote.itの創設者兼CEOである小山亮は述べています。新しい remote.itPi イメージとデスクトップアプリケーションは、remote.it のエンタープライズリモートアクセスソリューションをより広く利用できるようにし、企業が従業員にリモートワーク機能を提供するための簡単で手頃な方法を提供します」と述べています。現在、すべてのWebサイトでトランスポート・レイヤー・セキュリティ(ブラウザの鍵付き南京錠アイコン)が要求されていますが、近い将来、サービスプロバイダーは、インターネット接続を通じて顧客のネットワークが侵害されないように、remote.itの操作と同じように、顧客がすべての接続ポートを閉じることを認めるよう求められると信じています。"

remote.itPiは、COVID-19流行時の社会的距離の安全対策を支援するために、リモートワークを可能にしようとする企業を支援するために開発されました。どのような企業でも簡単にインストール、設定、管理できるように設計されています。

カリフォルニア州サンタクララに本社を置くMVNOソリューションプロバイダーであるEmbeddedWorksの創設者兼社長のAndy Do氏は、「カリフォルニア州が避難所を設置した際、従業員が会社のコンピュータやバックオフィスのビジネスアプリケーションに確実にリモートアクセスできるソリューションが必要でした」と語っています。「従来のVPNとは異なり、remote.itはCG-NAT(モバイルネットワークプライベートアドレス)上で動作するという利点もあり、当社のオフィスネットワークがインターネットに公開されないことを保証してくれます" と述べています。

remote.itは、すでに世界中でリモートワークを実現するために利用されています。日本のエコー電子株式会社などは、生産性の向上、ワークスタイルの柔軟性、通勤ストレスの軽減などを目的として、在宅勤務を可能にするためにremote.itを活用しています。例えば、出産・育児を理由に退職した女性エンジニアの復職やストレス軽減のために活用されています。

「remote.itは導入も設定も簡単で、私たちにとって完璧なソリューションでした」と語るのは、remote.itで数百人の社員のリモートワークを実現したエコー電子のエンジニアリングマネージャー、椋尾和彦氏です。"安全かつセキュアな方法で、非常に迅速に従業員にリモートワークを提供することができました。"

remote.itは、Trimbleや三菱重工などの大企業から、Bullseye TelecomやColourFiなどの中堅企業まで、カスタマーサポートからフィールドでの資産追跡やメンテナンス、レガシーVPNからの移行、モバイルネットワーク上での安全なリモートアクセスなどの用途で、世界181カ国で数十万のユーザーに使用されています。Raspberry Pi用のダウンロード可能なイメージに加えて、remote.itは、すでに設定されているRaspberry PiまたはLinuxベースのコンピュータにソフトウェアを追加したいユーザー向けに、標準のdbパッケージとして提供されています。また、remote.itソフトウェアは、WindowsとApple macOSの両方のコンピュータ用のデスクトップアプリケーションとして利用できます。

remote.itのソフトウェアは個人使用であればいつでも無料で、ビジネスレベルのサービスは2020年9月1日まで新規ユーザーであれば誰でも無料で利用できます。このオファーは日本では適用されませんので、日本のお客様は営業担当者にお問い合わせください。remote.itPiのイメージは、こちらからアクセスできます。

remote.itについて

remote.itは、カリフォルニア州パロアルトに拠点を置くセキュアリモートアクセスプロバイダーで、デバイスやネットワークへの安全でプライベートなリモートアクセスのための新しいモデルを開発しています。コンピュータとエッジデバイスを安全に接続したり、ウェブサイトやウェブサービスへのアクセスを保護しようとする企業に対して、remote.itはOSIネットワーク層に構築された仮想プライベートインターネットソリューションを提供します。

詳しくは、https://remote.it/をご覧ください。

リモート.itPiの取得

関連ブログ