Blog

ソフトウェア開発者に最適なVPNは、VPNではない

2022年12月30日

ソフトウェア開発者は、企業のリソースにアクセスするためにVPNソリューションを使用することを余儀なくされています。開発者は一般的にVPNソリューションを好まない。RedditやGoogle、その他開発者が利用する多くのコミュニティフォーラムで、「ソフトウェア開発者向けVPN代替案」や「VPN代替案」がトレンドトピックになっているほどです。新しい技術の進化に伴い、ユーザーの行動も変化します。馬はもはや人気のある交通手段ではありません。VPNが、開発者が必要とするセキュリティ、柔軟性、使いやすさを提供する新しいツールに取って代わられる時が来たのです。

VPNとは何ですか?

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、インターネットに接続している間の通信とプライバシーを保護するものです。 データ用に暗号化されたトンネルを作り、機密データを確実に送信します。 悪意のあるユーザーによるトラフィックの盗聴を防止し、従業員がリモートで作業できるようにします。

なぜソフトウェア開発者にVPNが必要なのか?

ソフトウェア開発者は、一般的な要件として、セキュリティとプライバシーを必要としています。 しかし、消費者がストリーミング・サービスやローカル・コンテンツにアクセスするために別の場所に現れるためにVPNを使用するのに対し、ソフトウェア開発者は、主に企業のデータセンターのクラウド環境における電子メール、アプリケーション、データベースなどの企業リソースにアクセスするためにVPNを使用します。

ソフトウェア開発者がVPNを利用する際に感じる課題は何でしょうか。

  • VPNは、ログインのステップが必要で、通常、コンピュータの電源投入時や再起動時に自動ログインすることができません。 開発者が生産性を上げる前に、追加のスタートアップ・ステップを追加すること。
  • 開発者は、サブネットの衝突などのIPルーティングの制限により、同時に2つ以上のVPNに接続することができない。
  • VPN は、すべてのトラフィックを集中管理された場所でルーティングするため、VPN ソリューションの拡張は困難である。 ホスティング・ソリューションに高額な利用料を支払うか、自社でVPNハードウェアを購入し、維持管理する必要があります。
  • ITとDevOpsが開発者のIPアドレスをアクセスコントロールリストに追加している間、開発者をアイドル状態にしておく必要はありません。
  • 分割トンネルVPNは、一部のトラフィックをプライベートIPアドレスに誘導し、残りはパブリックIPアドレスを直接経由させるものです。 VPNに接続していても、喫茶店でデバイスのIPアドレスが変わってしまうのです。 このため、開発者は常にVPNを使用しているわけではないので、誤った安心感を与えてしまいます。

ソフトウェア開発者のためのVPN代替手段とは?

ソフトウェア開発者は、VPNによる制限を受けたくありません。また、企業は開発者の負担を軽減し、生産性を向上させたいと考えています。そのためには、ソフトウェア開発者は、Remote.ItのConnectivity as Codeソリューションを採用すべきです。開発者は、簡単なコードを書くだけで、クラウドやデータセンターのリソースを有効にすることができます。

ソフトウェア開発にRemote.Itを利用するメリット

  • デバイスはプライベートネットワーク上に残ります。パブリックIPアドレスは必要ありません。
  • パブリックIPアドレスのないCGNATネットワーク上の機器など、これまでアクセスできなかった機器に接続することができます。
  • デバイスは公衆インターネットに公開されません。ポートフォワーディングは必要ありません。
  • ローカルのGitリポジトリ、Azure、Google、AWSなど、複数のクラウド環境に同時に接続できます。
  • IP/サブネットベースのVPNソリューションに見られる過剰な特権アクセスを排除することで、セキュリティを向上させることができます。 サービスやプロトコルに応じたきめ細かな共有権限を持つ最小特権アクセスモデルを実装します。ポートが開放されていないため、悪意のあるボットによるデバイスのスキャンは不可能です。
  • IPアドレス、アクセス制御リスト、IAMロールを管理することなく、メールアドレスでユーザーを招待することができます。
  • ハードウェアを必要としない拡張性
  • アプリケーションやデバイスにリモートアクセスを組み込む
  • 豊富なAPIにより、Remote.Itの全機能をアプリケーションやデバイスに埋め込むことができます。
  • vpnのサブネットの衝突を心配する必要はありません。

Remote.Itが開発者をどのように サポートするかについて、詳しくはこちらをご覧ください。


関連ブログ